ぱちんこ頭文字D

スローフード・コーヒー連合について学ぼう! 〜かたつむりアカデミー 2023年7月

2023/7/7

毎朝欠かさずコーヒーを飲んでいるという人、
多いのではないでしょうか?☕️
日本は、世界のコーヒー消費量全体の5%を占めていて、
国別の消費量ランキングでも15位と上位にいる、
コーヒーの大消費国の一つです。
そんなコーヒー産業ですが、
経済的・身体的に生産者が搾取されやすい構造的な問題を抱えていることは既に多くの方が知っていることかと思います。
最近では、フェアトレードのコーヒーや、スペシャルティコーヒー、
生産者の労働環境が保護されている様々な認証がついたコーヒーを見ることも珍しくなくなってきました。
そんな中、2021年にスローフード・コーヒー連合が立ち上がりました。
現在、アフリカ、中南米、アジアから35の生産者団体が加盟しています。
PGS(Participatory Guarantee System:参加型認証システム)という新しい考え方を採用し、
費用や複雑な手続きを必要とせずに、自己認証をするユニークな取り組みをしています。
このプロジェクトにはどんな人たちが参加しているのか?
プロジェクトを通して、どんな事が起きているのか?
消費国である日本がどのように参加できるのか?
イタリアのスローフード国際本部から、コーヒー連合のプロジェクトコーディネーターであるエマヌエレと繋いで、
一緒に学んでいきましょう。
◯講師プロフィール
Emanuele Dughera(エマヌエレ ドゥゲラ)
スローフード・コーヒー連合 コーディネーター
持続可能な農業開発において豊富な経験を持ち、長年にわたりアフリカの食糧と農業に関するプログラムに貢献してきた。近年は、参加型プログラムの開発と、小規模コーヒー生産者とコーヒー産業関係者との協力関係の促進を中心に活動している。スローフード・コーヒー連合はアフリカと中南米のコーヒー生産国数カ国に、生産者団体からなる支部を持つ。
◯スローフード・コーヒー連合とは
スローフード・コーヒー連合は、生産者から消費者に至るまで、コーヒーのサプライチェーンに関わるすべての参加者を結びつけるオープンなネットワークであり、すべての人々にとっての「Good, Clean, Fairなコーヒー」という共通の目標に向かって、協力し活動を行っています。
その目的は、生産者と消費者を繋げ、関係を改善し、生産者の認知度を高めることで生産者をエンパワーし、コーヒーに関する知識を広め、コーヒーのサプライチェーンに関する意識を向上することです。
詳しくはこちら 
概要
◯日時
7月12日(火)19:30〜21:00
(オンライン参加用のzoomは10分前に開場します)
◯場所
zoomにてオンライン開催(お申し込みいただいた方にリンクをお送りします)
◯参加費
一般:500円
スローフード会員(支部会員・コミュニティ会員・かたつむりの会):無料
◯お申し込み
Peatixページよりお申し込みください。

関連記事